動画配信に欠かせない!ストレージ・流量って何のこと?

入門

新しく動画配信を始めるにあたり、複数の動画配信プラットフォームの情報収集をされている方も多いと思います。比較検討の材料として、動画配信プラットフォームの機能はもちろん、利用に係わる費用も気になるところですよね。

今回は、有料動画配信プラットフォームの基本的な料金体系を説明しつつ、動画配信に特有の料金項目である「蓄積データ容量(ストレージ容量)」「データ転送量(配信流量)」について解説していきます。

1. 有料動画配信プラットフォームの料金体系

有料動画配信プラットフォームの多くの料金体系は月額制で、固定費分と従量費分に分かれています。固定費には、配信に必要となる基本的な機能に係わるシステム利用料などが含まれており、どれだけ配信プラットフォームを利用しようがしまいが、費用の変動はありません。一方で、従量費には、算出の基準となる項目に単価が定められており、再生回数や同時視聴人数などの実際の利用量に応じて費用が変動します。

従量費の算出基準となる項目は、動画配信プラットフォーム提供企業や契約プランにより異なりますが、よく目にする項目といえば、「再生回数」「同時視聴人数」「動画登録本数」「蓄積データ容量(ストレージ容量)」「データ転送量(配信流量)」あたりではないでしょうか。

例えば、「再生回数」「同時視聴人数」「動画登録本数」であれば、「サービス全体で月間3,000人程度のアクセスが見込め、毎月2本ずつ、新しい動画コンテンツを配信する」というように、動画配信の企画段階における想定値を当てはめることで、従量費の概算を算出することができます。反対に、「蓄積データ容量(ストレージ容量)」「データ転送量(配信流量)」については動画配信に特有の項目であり、それが一体どういうものなのか、どのように算出するものなのかという想像がしにくいかと思います。

ここからは、そんな「蓄積データ容量(ストレージ容量)」と「データ転送量(配信流量)」について、解説していきます。

2. 蓄積データ容量(ストレージ容量)とは?

蓄積データ容量とは、様々な配信方式の動画コンテンツを専用のストレージに保管した際に蓄積されるデータサイズを指します。そのため、ストレージに保管する動画コンテンツ数が増えれば増えるほど、それに応じて蓄積データ容量も増加します。

では、1本の映画をストレージに保管すると、どのくらいのデータ容量が蓄積されるのでしょうか?

蓄積データ容量は、保管する動画コンテンツの「画質」×「動画尺」によって計算されます。

今回は、細かい計算方法については省略しますが、例えば2時間尺の映画1本を保管した場合、「画質:4Mbps」×「動画尺:2時間」で、約4GBの蓄積データ容量となります。

3. データ転送量(配信流量)とは?

データ転送量とは、再生を開始した視聴者の端末に向けて動画コンテンツが配信される際に発生するデータの流量を指します。そのため、再生回数が増えれば増えるほど、配信する動画コンテンツのデータサイズが大きければ大きいほど、それに応じてデータ転送量も増加します。

では、1本の映画を配信すると、どのくらいのデータ転送量が発生するのでしょうか?

データ転送量は、配信される動画コンテンツの「画質」×「動画尺」×「再生回数」によって計算されます。

計算式を見て、ここでなんとなくお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、配信される動画コンテンツが初めから終わりまで1回完視聴された場合、そのデータ容量分がまるっとデータ転送量として発生します。あとは、そのデータ転送が何回行われたかを計算することにより、おおよそのデータ転送量の目安が分かります。

ここでも、細かい計算方法については省略しますが、例えば2時間尺の映画1本が1,000回完視聴された場合、「画質:4Mbps」×「動画尺:2時間」×「再生回数:1,000回」で、約4,000GBのデータ転送量となります。

ちなみに余談ですが、昨今主流のストリーミング配信の場合、動画プレイヤーは動画コンテンツのデータを適宜取得しながら再生を行います。そのため、今まで例として挙げた2時間尺の映画1本が完視聴された場合には2時間分の約4GBが、半分まで視聴された場合には1時間分の約2GBがデータ転送量として発生します。

実は、1回再生されたからといって、必ずしも動画コンテンツのデータ容量分がまるっとデータ転送量として発生するわけではないのです。少々ややこしい話ですが、想定外の従量費を発生させないという観点では、完視聴想定で計算し、おおよその最大値を見込んでおく方が良いかと思います。

4. 画質(解像度と配信ビットレート)の参考値

ここまでで蓄積データ容量とデータ転送量について、それがどういったものか、どのように算出されるかの概要を見てきました。しかしながら、「計算方法は分かったけど、肝心の画質にどんな配信ビットレート値を当てはめればいいかよく分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

配信ビットレートが高ければ高いほど画質は向上しますが、その分動画コンテンツのデータサイズも大きくなり、視聴環境によってはスムーズに再生しにくくなる可能性もあります。また、なるべく綺麗な映像を視聴してもらおうと配信ビットレートを高くした場合でも、元々の動画の解像度が低ければ、画質の向上には至りません。そのため、動画配信には、動画コンテンツの内容に適した解像度と配信ビットレートの設定が必要となります。

参考までに、動画コンテンツの内容別に、弊社お客様の多くがよくご利用されている解像度と配信ビットレートの設定値をお教えします。こちらを元に、動画コンテンツの画質をどのように設定するか、読者の皆さんのお役に立ていただければと思います。

▼あわせて読みたい「解像度やビットレートなどの専門用語集」

5. 実際に計算してみよう!

ここまで読めば、蓄積データ容量とデータ転送量の算出に必要な値は、なんとなく想定できるようになったかと思います。

あとは、その想定値を計算するだけ!

どなたでも簡単に目安が算出できるよう計算フォームをご用意しましたので、ぜひ活用ください。

※当該計算はあくまで目安となりますので、あらかじめご了承ください。
※当サイトの情報は予告なしに変更されることがあります。

6. 自社の動画配信に適した契約内容であるか確認してみよう

今回の記事で、「蓄積データ容量(ストレージ容量)」と「データ転送量(配信流量)」について理解を深めていただくことができたでしょうか?

せっかく動画配信を始めたのに「従量制で思わぬ費用がかかった」「実際の利用に見合わない大きなプランを契約してしまっていた」となっては、安心して配信を続けていきにくいですよね。

冒頭でもお伝えした通り、動画配信プラットフォーム提供企業や契約プランごとに様々な料金体系が設定されているので、これから動画配信を始める方も既に始められている方も、改めて自社の動画配信に適した契約内容であるかをご確認いただくと良いかもしれません。

Author
おむらいす

聞き慣れないカタカナやalphabetの専門用語に頭を悩ませながら働く中、ある日突然、ブログ運営を任命された編集長。
運営とあわせて絶賛業界勉強中、かつ業界に詳しくない人にも分かりやすいブログを目指して奮闘中。

2018年=入社。初の動画配信プラットフォーム業界入り。
2019年=少しずつ。専門用語や動画配信にかかわる機能や仕組みを覚え始める。
2020年=なんとか格好がつくようになる。"新米"編集長を卒業する。
2021年=「動画配信プラットフォーム業界の人」と言えるようになる。

入門
ULIZAブログ